バイアグラを服用すると、まるでアルコールを飲んだ時のような症状が見られる人が少なくありません。その為心配される方もいらっしゃるのですが、これらについてはあまり気にしなくても良いでしょう。ほてりや目の充血などは多くの方に見られる症状です。また、鼻づまりや頭痛、動悸などもよく見られる症状です。これらも、バイアグラの血管拡張作用によるものです。いずれにしても、薬が効いている4時間前後でなくなるようでしたら大丈夫。但し、気になる症状が長く続くような時は念のため医師に相談することをオススメします。

 
また、中にはバイアグラを使うことができない方がいます。一酸化窒素供与剤や硝酸剤を使っている方。肝機能障害が重い方。ここ半年以内に、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方。網膜色素変性症の人。そして、血圧に高すぎる、或いは低すぎるなどの問題がある方です。
他にも、色が違って見えるなど視覚障害が現れることもあります。ですから、車の運転などは注意する必要があります。無理して運転することのないようにしてください。もし視力が急激に低下するなどした場合は、バイアグラの服用を直ちにやめすぐに医療機関に行くようにしてください。

Comments Are Closed!!!