気になる副作用

気になる副作用

運営者 No Comments

バイアグラを服用すると、まるでアルコールを飲んだ時のような症状が見られる人が少なくありません。その為心配される方もいらっしゃるのですが、これらについてはあまり気にしなくても良いでしょう。ほてりや目の充血などは多くの方に見られる症状です。また、鼻づまりや頭痛、動悸などもよく見られる症状です。これらも、バイアグラの血管拡張作用によるものです。いずれにしても、薬が効いている4時間前後でなくなるようでしたら大丈夫。但し、気になる症状が長く続くような時は念のため医師に相談することをオススメします。

 
また、中にはバイアグラを使うことができない方がいます。一酸化窒素供与剤や硝酸剤を使っている方。肝機能障害が重い方。ここ半年以内に、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方。網膜色素変性症の人。そして、血圧に高すぎる、或いは低すぎるなどの問題がある方です。
他にも、色が違って見えるなど視覚障害が現れることもあります。ですから、車の運転などは注意する必要があります。無理して運転することのないようにしてください。もし視力が急激に低下するなどした場合は、バイアグラの服用を直ちにやめすぐに医療機関に行くようにしてください。

使用方法と注意点

運営者 No Comments

バイアグラは、性交渉の1時間前に服用するようにします。肝障害や腎障害がある方、65歳以上の方などは、25mgから始めるようにします。一般的な成人男性は、25~50mg。服用する際は、水やお茶などと一緒に飲んでください。但し、牛乳はダメです。脂肪分が含まれているものと一緒に摂ると、効果が薄れてしまいます。同じく、食事と一緒に摂るのもオススメできません。食べ物と一緒に摂ると、効果が半減したり、薬の効き目が遅くなってしまうことがあるからです。食べてしまった時は、それから2時間あけてから薬を服用すると良いでしょう。また、アルコールと一緒に服用するのも悪くはありません。但し、アルコール量が多いと効き目が薄れてしまいますので少しにしておくようにしましょう。

 
バイアグラは、一日に1回のみの使用にしてください。そして、次に服用するまでに、最低でも24時間以上あけるようにしてください。くれぐれも自分で使用量を増やしたりしないようにしましょう。自己判断で、一度に2錠飲んだりしてはいけません。
保管する際には、直射日光を避け、高温湿気から守るようにしてください。また、小さなお子さんがいるご家庭では子供の手が届かない所に保管するようにしてください。

バイアグラについて

運営者 No Comments

バイアグラという名前もだいぶ浸透してきました。これは、ED治療として用いられるもので、世界で初めて製品化されたものです。1998年にアメリカで販売されたのが始まります。日本では、1999年に販売が始まりました。バイアグラは、勃起が不完全である為に性行為が難しい方に使用されます。中には勘違いしている方もいらっしゃるようですが、これは所謂精力剤的なものでありません。そうではなく、勃起抑制酵素が活発化するのを抑え血流を良くして勃起を促してくれる薬です。こうすることで、勃起しやすくしそれを維持できるようになります。

 
バイアグラは、保険適用外の薬なので自費診療となっています。有効成分は「シルデナフィル」。因みにシルデナフィルはED治療に使われる他、肺動脈性肺高血圧症の薬としても用いられているものです。こちらの薬名は「レバチオ」です。効き目はおよそ4時間とされており、服用するとだいたい1時間後くらいに効果が感じられるようになります。ですから、性交渉を行う1時間前に服用するようにします。もちろん、やみくもに勃起を促すようなものではありません。性的興奮をしている時だけに勃起します。

 
勃起に自信がなくなったからと言ってすぐに諦めてしまうことはありません。もしかしたら、良い解決方法があるかもしれないのです。ここでは、バイアグラについて紹介します。EDは治療することができます。是非、医療機関に相談してみてください。